この現実は“当たり前”ではない②〜3.11 これからの世界に何を残したいのか〜

Spirit からのメッセージ

こんにちは

星よみを使って、あなた色の人生を送るお手伝いをいたします。

なないろLIFE主宰 Life producer みつよ です。

本日2本目のブログです。

1本目はこちらから。『この現実は‟当たり前”ではない①~癒しと浄化のうお座の季節。自分の純粋なところだけを残す~』良かったらぜひ読んでください。

今日は、3月11日ですね。

10年の月日が経ちました。

10年前の今日、

あの地震が起きる前まで、

あなたは何をしていましたか?

何を想い、何を感じ、何に希望をもって、

10年前の今日を生きていましたか?

東日本大震災 希望  ONE OK ROCK / Be the light

10年前、

長男は小学校6年生。卒業式を目前にひかえていました。

長男を母屋のお仏壇の前に座らせ、

「卒業式を迎えられることは、当たり前じゃない。

たくさんの人に支えられて、

たくさんの目に見えない存在に見守られて、

今あなたがここにいることを、

忘れないでほしい。

卒業式を迎えることができることへの感謝を忘れないでほしい」

と伝えました。

今年彼は、22歳。

大学を卒業し、社会人になります。

10年前、

次男は、小学校2年生でした。

今年彼は、もうすぐ18歳の誕生日を迎えます。

そして、高校に入ってすぐの頃から「この大学へ行きたい」と願っていた、

第1志望の大学に合格し、4月からは、念願の大学生になります。

彼には今日、

「大学生になれることが、当たり前だとは思わないでほしい。

あなたの努力があってこそ、合格したことはもちろんなの。

それに加えて、たくさんの人の支えがあって、たくさんの目に見えない存在に見守られ、今のあなたがあることを忘れないでほしい」

と伝えました。

想い半ばで、

命をなくした人たちの分まで生きてほしいとか、

その人たちに恥じないように生きてほしいとか、

そういうことではなくて。

病気とか、経済的理由とか、・・・ご先祖の中には戦争でとか・・・それぞれいろんなことで、

自分の想いを通すことができなかった人もいる

そういう人たちもいる

ということを、忘れないでほしいと思うのです。

わたしたちは、

苦しみも悲しみも悔しさも・・・

どんな想いも抱きしめて、

どれだけ時間がかかろうと、

どんな想いも癒しながら、生きていくのです。

世界が変容していく過渡期の今。

今がこの先の世界を決めていく大事な時です。

10年後、

あの時、こんな世界だったけど、こんなに素晴らしい世界になったね。

立て直せたよね!!

子どもたちに誇れるものを残してきたよね!!

と、胸を張って言いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました